2016年10月20日 (木)

2016 ライディングスポーツカップ美浜シリーズ 最終戦

20161020_164639

早くも2016年の最終戦を迎えました。
土砂降りの中、積み込み。恒例のタイヤ交換祭り。
予選はウェット。古いレインタイヤにも関わらずウェットで自己ベスト57秒台、2番グリッド頂きまして、
1ヒートはスタートでトップに立ち、数周はトップを走らせてもらいましたが、フィニッシュは2位。
2ヒートはスタート直後のゴタゴタで4位まで落ち、そのまま4位でした。
最終戦結果は総合で3位。まぁ、嬉しい表彰台。
シーズンランキングはモタードBクラスで2位。ありがとうございました。

20161020_164703

FBとの両立が非常に面倒になってきたので、このblogの更新はこれで最後になるかもしれません。悪しからず。

2016年7月13日 (水)

2016 ライディングスポーツカップ美浜シリーズ 第2戦

猛暑の第2戦、、、の一週間前に(軽い)ぎっくり腰。その晩にOHに出したエンジンが完成して戻ってきた。
ので、「腰が、、、」と言いながら2号機にエンジン搭載して、レースまで毎夜のガレージ作業。楽しい!

で、猛暑の当日。完成した2号機の試運転もしてないままサーキット入り。
フロントはスリックなので、
13558799_1074291705980532_858737890
ウォーマー()をかけて熱を入れます。

リフレッシュエンジンでの練習走行。ウムウム。好調である。
タイヤの温存もあり、早々に切り上げる。

タイムトライアル。Cクラスと混走なのでクリヤラップがなかなか取れないながらもアタックして52.6
監督から0,3秒落ち。1ヒートのグリッドも1個後ろ。

午後からのレース1はAクラスとの混走。なんと22台での競走。
先頭はラップタイムで5秒ほど早いのでなんとかラップされずに走りきりたいところ。

13584877_1073682986041404_553005760
シグナル消えてスターーーート!監督がインを塞ぐも、更にそのインを伺うが刺せず、
更にキノパンに刺される苦しい展開。なんとかキノパンをかわし監督を追うが、届かず。。。。しかもトップにラップされました。。。16位。

2ヒートはダートありなので、レース前に5分間の練習走行があります。
で、その後に10周のレース。暑さで死んでしまう。。。
練習は途中でピットインして休憩しつつ体力温存。

13575823_1073688959374140_304646419
ダハーハハハハ。w 練習走行で身内クラッシュ。w
体力温存しないとあかんのに、消耗してるお二人さん。
こけたお二人さんを散々待って、やっとスタート。クーラント吹きそうでした。

シグナル消えてスタート。体力の尽き果てた監督をワケなくパスして1コーナー。
体力温存してるつもりでも、この暑さで消耗が凄い。
4周目ぐらいから「苦行」モード。なるべくターマックで温存したい。

13559012_1073689189374117_208420997
所々で後方の監督のポジションを確認して安心のアドバンテージを確保。
しかし、自分の体力が心配。。。。若くもないのでとても辛いレースでしたが、
なんとか4位チェッカー。
ゴールした後、意識飛びそうでしたわ。w

1ヒート、2ヒート合わせた総合順位はクラス5位で。モタードだから、ダートありの2ヒートの結果重視ね。

次の最終戦はちょっと空いて10月。
ランキングで少しでも上に行けるように頑張るぞー。





2016年6月13日 (月)

2016 ライディングスポーツカップ美浜シリーズ 開幕戦

今更ながら開幕のレポ。

モタードBクラス。
公式練習2番手タイム。予選4番手。若手の台頭を感じる。
尚、予想外の高温のため午前中でタイヤが終了。

Cクラスと混走、ターマックオンリーのレース1。
4番グリッドからスタート。2番手の人が転倒そこに3番手が引っ掛かり
ごちそうさん状態で2番手に。後に抜かれて3位フィニッシュ。

ダート有りのレース2は3番手スタート。3位キープで行けそうな雰囲気だったけど、
まさかのエンジンストール。ダートの右バンク。しかも3周、同じ場所で。
皆さん、ご迷惑お掛けしました。w
そんなこんなで以降、低燃費走行を心がけて7位でゴール。

総合5位でした。
次戦は7月3日(もうすぐw)、がんばるぞー。

041

2016年3月 2日 (水)

エンジンが直ってきました。

20160301_043026701_63c52_ios
昨年の秋にドライブシャフトと心がボッキボキに折れまして、いくらワタクシでも
「こりゃあ腰下開腹の大手術になるだろう。」(多額の諭吉を放出)てのは容易に想像できたワケで、なんとかメーカー保証(一部でも)受けられんものか。と甘い期待をしてあちこち聞いてみたのですが、結論から言うと

 全 て 実 費 で の 修 理 に な り ま す 。


20160301_043013330_58ed2_ios

新しいシャフトは何故か中心の穴が小さく肉厚になって強度がアップされた模様。

メーカー曰く「そのような事例の報告は受けておりません。」だそーですが、なんで強度を上げる必要があったのでしょうね?

20160301_042944421_18d4e_ios
これが折れた旧シャフトね。大きく肉抜きしてありますね。さすがここまで軽量化に拘るとはスズキの意気込みが表れてますな。(棒)

20160301_042920387_2704e_ios
腰下を割って取り出したシャフトね。折れた部分を見ると、ネジ切れた感じでは無いですね。
ちなみにこのシャフトが1諭吉ぐらい。もちろん実費。
素材は硬いけど、ちぎれた部分はやっぱ華奢だね。

20160301_043114590_f702e_ios
せっかくエンジン割ったから、交換した方がいい部分は交換したよ。

今回のシャフト交換、もちろん自分で出来る作業ではないので、いろんな方にご協力頂きました。
エンジンを降ろした状態で修理に出しましたが、車両ごと持ち込みだとおそらく10諭吉以上の作業になると思います。
走行2万キロ程度のエンジンで、比較的ヘッド部分は良好。ピストンリングや上の画像のギヤ、ベアリング、ガスケット類などパーツ代が3万円程度は必要ですが、これはエンジンの消耗具合で変わってきます。

20160301_042829114_40544_ios
で、もう一台DR-Zがあるんですよね。(笑)
こちらはまだシャフトがちぎれてませんが、交換する予定でエンジン降ろし済みです。(血涙)
走行4万キロ程度ですが、一昨年の夏に腰上OHしてから、サーキット数回程度の走行なので、腰上パーツの出費は少なくて済むかな?て思ってます。

20160301_042847405_ac4e4_ios
さらに友達が400Eのミッション(ほぼ新品)を使っていいよ。て言ってくれたので、有り難く使わせていただく予定ですので、ごっそり入れ替えてリフレッシュする予定です。

DR-Z400、個人的にとても良いバイクだと思いますが、このような重大箇所のトラブルは残念です。しかもメーカーが放置状態とは。。。。
そりゃあいつも法定速度を守って定期点検をキッチリして、、、なんて使い方をしてました!とは言えませんが、ここの破断はダメでしょう。
これから購入をお考えの方、現ユーザーの方、気をつけてください。
走行中だと重大事故につながる恐れがありますので。

2015年10月26日 (月)

出た!スズキクォリティ!

Img_6174_1

ドライブスプロケットのカウンターシャフトがモゲました。チェーン注油や調整もマメに行っていました。
ナットの締め付けトルクもマニュアルの指定トルクで締めていました。が、この指定トルクは強すぎるのではないか?と思います。
さらに意味不明な中空シャフトと相まって、一番弱い部分からちぎれました。
ちぎれたと言うよりも、クラックが入って回り止めのプレートを叩くショックでトドメを刺した感じです。
走行中でなくて本当に良かった。。。。。。
ちなみにリコール出て無いので、実費修理だそうです。もちろんクランクケース割る、いわゆる腰下分解作業になります。

2015年10月10日 (土)

2015 MotaGP最終戦(MotaGPファイナル)

10月4日、珍しく晴天に恵まれた美浜サーキットで行われた最終戦に参戦してきました。
モタード布教活動の目標としていたCクラスもエントリーが集まって、最終戦にして初めて成立しました。身内が多かったけど(MAX、#96、Eijiさん、はるしー、だいれんくん)、エントリー10台は立派なもの!MAX、#96さん、表彰台おめでとうございます。特にMAXの車両はHRNさんの魂が宿るYZなので、感慨も一入です。
これに参加して、またまたこれを見て、「よーし、俺も出てみるか!」と思った若者が居たとか居なかったとか。。。。まぁ、自分でも出れそうなレースに興味を持ってもらえたのなら大成功。初参戦された方々は更なる沼へ沈んでいただこう。

さて、我らがBクラス。DR-Z勢の身内(F岡さん、監督、K岡くん、マーハー、ワシ)争いが盛り上がってまいりました。F岡さんがセンス、体力、練習量で抜き出た感があり総合2位。レース2ではトップ走行中に調子コキ過ぎて転倒して抜かれたらしい。w でも来シーズンからはAで表彰台を狙うそうです。噂ですが。
他はちょぼちょぼな感じです。私個人的には監督に2レースとも勝てば今シーズンは全勝(6-0)で完全勝利。帰ったら美味いビールが飲めるのです!
レース1はK岡くんを差せずに4位。走りはまずまず、後方で勝手にコケてくれたっぽいので、比較的楽な展開でした。

ダートありのレース2。ダートが”あまり得意では無い”監督の前からのスタート。普通に走り切れば普通に勝てる展開。冷蔵庫のバドワイザーよ!待ってろよ!
スタート!なんとかダートまでにK岡くんの前に出たいが、なかなか差せない。ダートに入り後方から様子を伺う。充分狙える雰囲気!さすがにターマックに出ると厳しいのでダートで前に出る作戦に打って出る。ダート入り口、アウト側のラインを走る私に対し、K岡くんはセンターから入ってアウトに寄って来る。アウトに寄ったところを差す作戦!ダート入って私の前を左から右に横切るK岡くん、その彼の左側を差しに行ったその時、ぬかるみにタイヤを取られて失速。なんと、監督に抜かれるという失態!

まぁ、待て。まだ周回数はある。このまま前で泳がせておけば、焦って勝手にダートでコケるだろう。と思い追走して棚ぼた狙いの作戦に。
しかし、なかなか慎重で粗相が無い。痺れを切らしてダートでプッシュするが、なかなか抜けない。ええい!クソが!と右や左から伺うが、とうとう最終ラップのダート出口までに抜けず、そのまま定常円〜最終コーナー周って0.3秒差でフィニッシュ。

悔しい!なんか今シーズンそれまでの5勝がチャラになったぐらい悔しい!(チャラにはなりません。)なんつってもダート有りのレースで負けたのが悔しいやら情けないやら。。。。
更にパドックに戻ると、満面のドヤ顔。あ〜、ムカつくわ〜。
ガックリしてる俺の前で写真撮るのヤメロ!

昔の人は言いました。
「終わり良ければすべて良し」
終わりダメなら全て台無し?帰って苦いビールを飲みましたとさ。 おわり



2015年6月24日 (水)

2015 supermotaGP R2 美浜(タイヤ交換大感謝祭)

Dscn0319

またもや、、、、またもや天気予報が悪い方に転んで朝から雨。積み込み時には一発カミナリも鳴る始末。。。。
まぁ、いいんですよ。雨とかダートとか不安定な要素があった方が上位狙える可能性上がるし。(ターマックのみだと勝てない)
でもね、雨なら「雨!」、晴れなら「晴れ!」、好きなら「好き!」とハッキリしてください。オネシャス。

美浜サーキット着。小雨。本降りになるのは確実な空模様。小雨のうちに受付・車検を済ませる。
前日にチェーンを洗ってたっぷり注油したおかげで、車検時に遊びが増え過ぎてしまって指摘を受けました。
ライミの時点では本降り、路面は完全無欠のウェットへ。
練習走行までの時間でタイヤ交換。とりあえずリヤはスペアホイールにレインタイヤが組んであるのでホイールごと交換するだけ。
フロントはスペアホイールが無いので、タイヤを交換する必要が。
開幕戦も同様にタイヤ交換祭が開催されたので、やっぱフロントもスペアホイール欲しいな〜。とか言いながら。
前回はビードワックス忘れたけど、今回はちゃんと持参しましたよ!同じ過ちは繰り返さない!それが大人ですから!

      ('A`)   タ イ ヤ レ バ ー 忘 れ た ・・・・・・・・・・・・・・・。

監督にレバー借りて無事にレインタイヤに交換完了。
発電機やコンプレッサーも仲間との共有。メンテやトラブルも知恵を持ち寄って・・・・。楽しいね。

ウェットでの練習走行。劣化したレインタイヤは想定範囲。サスがドライでのセッティングのままなので
4コーナーからフェニックス進入での切り返しが怖い。フェニックスコーナーは相変わらずの不安定さ。
同じDR-Zの監督と「直線でどっちのバイクが速いかよーいドン!しようぜ。」て打合せてあったんで、
3周目と4周目のホームストレートとバックストレートで比べてみたが、まぁ、似たようなもんだったね。w
つことは、直線で捲られる心配は無い!(確信)

タイムアタックに向けて、サスを柔らかめに設定。とりあえず効果があったのか、
1秒縮めて予選終了。1ヒートは4番手スタートです。

午後の2レースともウェットだと決め込んでの昼休み。メシ食い終わって、やっと一息。
雨は小雨に。でも雨雲レーダーで見ると知多半島は15時までは雨。また降り出すだろう。
ちょっと他のクラスのレースでも見ましょうかね。ミニバイクとかCBRとか。熱いね。。。。
なんて見学していると、みるみるうちに路面にドライパッチが。。。
こりゃ、乾くんじゃない??もしかして。。。走行ラインは乾いてきてるし。
そこで急遽、タイヤ交換することに。でも前後とも交換してる時間は無いので、簡単に交換できるリヤだけ替えました。フロント、レインのクラシカルなモタードスタイル。w (ダート無いから意味ないけど)

1ヒート、リヤのグリップ感は上々!フロントはグニャグニャ。w
いや〜、前後バランスって大切だな。って5位走行中、先頭争いの2台が絡んで転倒。
比較的楽な展開で棚ぼた3位フィニッシュ!運も実力だ。

2ヒート、路面はまさかの完全ドライ。w もちろんタイヤも前後交換済で挑みます。
但し、ダートはキャンセルなのでフルターマックでのレース。
3番手スタート。好スタートを決めて1コーナー進入で2番手に浮上するが、あっという間に2台に抜かれ4位に後退。
その後しばらくkazu選手、ハマショー選手を従えて3台でのバトル。

Cidzkhjvaaat8g4

がしかし、体力有り余る若手・ハマショーにバックストレートエンドで差され5位後退。
すぐ後ろにはkazu選手。
もうね、背中に感じるんですわ。特にフェニックスあたりなんかではビンビンにね。
でも譲らないよ。他の選手になら譲っちゃったかもしれんけど、キミには譲らない。
ストレートは同等だって分かってるし、進入してくるだろうラインを塞ぎながらコーナリング。w でら楽しい。wwww
楽しいけど疲れる。ブレーキングでの握力もキツい。
やっとファイナルラップ。きっちりインを締めてストレートでガッチリ加速!
最終コーナーを立ち上がって、、、横には居ない。あとはアクセル全開でゴール!
0.6秒差でフィニッシュ!嬉しい!!

2ヒート終了して、棚ぼたあり、バトルありで総合3位表彰台!(喜)

10277806_649059038529023_1301004671

今回も色々なことが起こったレースでしたが、結果はオーライ!
しかしまたもCクラス(ビギナークラス)が不成立だったのが心配。
とってもアットホームなエンジョイなシリーズ戦なので、迷っている人は是非一度、出てみてください。
ワシのバイク、1ヒート終わって「なんかマフラーの音、やべぇな。」と思ったら、
ウールが殆ど無くなってました。セラミックウールあかんね。真面目にグラスウール巻きます。w
それとやっぱスリッパークラッチ欲しいなー。欲しい欲しい欲しい欲しい!!
12万かぁ〜。12万なぁ〜。12万ぐらい棚ぼたでGETできんかな〜。w
真面目に働いて買うかな。ウウム、、、、、
最終戦まで時間があるので、ゆっくり考えます。

モタードB 2ヒートの様子です

2015年4月21日 (火)

MotaGP 2015開幕戦 〜モタGP〜

今年もモタード草レースの最高峰、MotaGP(Bクラス)に参戦です。
今シーズンは4月19日の開幕戦を皮切りに、全3戦が毎度お馴染みの美浜サーキットで行われます。
早いものでモタードの草レースに参戦し始めて、ロクな成績も残さないまま9年目のシーズンになってしまいました。
初めて参加した美浜エンジョイバイクシリーズの前には、楽しみと不安とで、関係記事のBlogを漁ったものでした。
やはり参加者の裾野が広がらなければカテゴリーの衰退に繋がってしまうワケで、
今回はあの頃に立ち返った気分も交えて、開幕戦の様子をお伝えします。

ライディングスポーツカップと共同開催されるMotaGPはオフィシャルHPか美浜サーキットHPよりエントリー用紙をダウンロードして必要事項を記入、FAX送信、エントリーフィーを振込してエントリ完了となります。
当日エントリも可能ですが、レイトフィが発生します。早目のエントリが、お・と・く!

今年からA/B/Cと3クラスに分かれました。
Cクラスはダートも無く、初心者向けなので、「はじめてなの。。。。。」という人はこのクラスが良いでしょう。
ちなみにAクラスは全日本選手も参加しています。
参加車両はジャンプ台があるのでオフロードタイプが良いと思いますが、
ビンビンのモタード車両でなくても大丈夫だと思います。
(過去にはNSR250が飛んでます。w)
レギュレーションを良く読んで、規定の処置をしましょう。と言っても自走での参加も可能なので、心配無用。
オイルドレンとフィラーキャップのワイヤリング(ボルトが緩んでオイルをぶち撒かない為ね)と、灯火類へのテーピング、
ナンバープレートやミラーの取り外し、サイドスタンドの固定(or取り外し)程度。
あと細々したことや、「これはやった方がいいね」って事は要相談で。
装備品の検査はありませんが、怪我と弁当は自分持ち!しっかりとした装備でね。
7時からの受付に間に合うように来場したら、受付でゼッケンとポンダー(計測器)、豪華参加賞を受け取って、
マシンにゼッケンとポンダーを装着して車検を受けます。

221446170_624v1429495843
車検の様子。
車両がきちんと整備されていて危険が無いかチェックします。
合格するとステッカーが貼られて完了です。簡単ですね。

その後、ライダーズミーティングでルールや進行について説明があり、あとはスケジュールに沿って進んで行きます。随時アナウンスが入りますので安心ですね。
いつも我々が陣取る駐車場の奥の方はアナウンスが聞こえにくいので、あちら向きにもスピーカーを1基お願いしたい所存でございます。

午前中に練習走行(15分)とタイムアタック(7分)を走り、午後からのヒートレースはタイム順にグリッドが決められます。
なので、少しでも前でスタートする為にタイムアタックは皆さん一発好タイムを狙います。

この日の午前中は天気に翻弄され、タイヤ交換カーニバルが開催されました。
221446653_624v1429507011
黙々とタイヤ交換をするtake100選手

221446661_624v1429456851
タイヤ交換もまた楽し、、、、、く無ぇよ。

もうね、、、、、誰かさんが雨男過ぎて、怖いぐらい。

221446666_624v1429456860
浮かれる雨男。

結局、練習走行はドライタイヤでハーフウェット、タイムアタックはレインコンディションでした。

221446709_largev1429456949
やはり雨での走行は気を遣いますな。レインタイヤもそろそろ寿命近いし。
タイムは6番手、午後の1ヒートは2列目真ん中からのスタートです。
PPはKTMのtkhs選手(#37)、同じDR-Zのkazu選手(#31)は、ムムム、、、3番手、
派手にハイサイドしたマスター(#32)は一つ前の5番手。
1個後ろ、7番グリッドはこれまた同じDR-Zのfujioka選手(#35)。
ドライタイヤながらこのタイム、やはり侮れません。

そして昼休みを挟んで午後からはまさかの快晴! 路面は一気にドライへと。
またもやセカセカとタイヤ交換する事態に!誰のせい??

さぁ!午後からのヒートレース。2本走ります。

221447047_largev1429457572
行儀良くダミーグリッドに集合してコースインです。

221447039_624v1429457562
草レースですが、レースクィーンも居ます。

8_large
選手紹介もしてくれます。

周回してグリッドに着き、自分の位置を確認。その後、1周のウォームアップ。
それが終わるといよいよスタートを待ちます。
私のマシンは冷却ファンを撤去してあるので、水温をチェックしつつ、適温でスタートできるよう気をつけます。
シグナル赤点灯ー消灯でスタートです。フライングはもちろんペナルティがあります。

ターマック10周のヒート1、シグナル消えてスタート。
上手い具合にポジションが取れて、順位を上げつつ1コーナー進入。
fujioka選手を抑え、kazu選手にインを刺されたもののアウトから撒くって前へ。
ごっちゃんです状態で3台のDR-Zのうち一番先頭(4位)へ!(嬉!)
あとは突っ走るのみ。幸いなことに、ネックブレースが邪魔をして、後ろを振り返るのが困難な状況。
たまに後方に迫る気配を感じますが、鬼ブロックです。
(本人は敢えてブロックしているつもりはありません。)

50_large
逃げるレースは疲れます。10周は長い。そして最終ラップ。
ジャンプの後の右コーナーでfujioka選手にインを刺されて抜かれました。
どうやら狙われていたようです。

64_large
kazu選手はなんとか抑えて6位チェッカー。
疲れましたがDR-Z対決、見てる方にも楽しんで頂けたみたいです。

ヒート2までの間にモタードクラス緊急ミーティング。

221447067_largev1429507222
ヒート2は予定通りダート使用のレース。久々のダートに腕前はさて置き、ワクワクです。
10分間の練習走行の後、そのままグリッドに着き1周のウォームアップ、スタート。
周回数は8周という流れらしい。
つまり、約20分間走りっ放しになるワケだ。燃料と体力の消耗に注意しなきゃ。

練習走行。ゆっくりコースインしてターマック区間は流しつつ、ダートの感触を確かめるように走行。

78_large

85_large
スラムパークやトライアル車での練習の成果か?以前ほどダート進入時に体に力が入り過ぎること無く進入。

221447084_largev1429458979
テーブルトップも無理して高さを出すよりも低く遠くへ意識して。
10分間フルに練習しちゃうとレース中体力切れちゃうから、4周ぐらい走って、ダミーグリッドで休憩&右腕のストレッチ。これも作戦、作戦。

頃合いを見て、再度コースイン。予定通り、間もなくチェッカーが出て練習終了。
皆さん、だいぶ体力消耗してくれたかな??

ヒート2も6番グリッドからのスタート。可も無く不可も無く、1コーナーへ流れ込む。
先頭に離されないようバックストレートエンド右ターンから更に減速してダート進入。
一気に車間が詰まって、、、、黄旗!!!!
なんとマスター転倒!転倒車両を避けつつ進むが前車に遅れをとってしまい追い付けず。

221446335_largev1429456344
後方からnobu選手(#33)も迫っていたようですが、そこは排気量にモノを言わせて勝利。
ダートも楽しく走れて5位チェッカー。
DR-Z対決はkazu選手に完勝したものの、fujioka選手に完敗。悔しい!
次回はなんとかせねば!
と言っても、マシンは好調で、パワーUPしたフロントブレーキも好感触。
運動神経でも体力でもfujioka選手に勝てる気がしない。。。。。
残すは「心理作戦」か?
まぁ、対策はボチボチ考えるとしましょう。

モタードBクラス、tkhs選手のほぼ完全勝利と言っても良いでしょう。
おめでとうございます!心置きなく昇格してくださいね。

総括
またもや天気に踊らされた感がありますが、ハーフウェット、ウェット、ドライターマック、ドライダートあり、と1日で4度おいしいレースが楽しめました。
fujioka氏に負けて、kazu氏と野武士に勝って、マスターがヌッ転んで、tkhsさんがおしどり夫婦作戦で完全勝利して、応援に来てもらって、写真も撮ってもらって、楽しいから続けて来た。
あとはやっぱり入門クラスのエントリーが増えると良いなぁ〜と思います。
まずは自走でもトレール車両でもいいので、雰囲気を味わうつもりで参加してくれる人が増えると盛り上がりますね。
但し、怪我や危険が伴うルールあるスポーツだということはお忘れなく。
残りあと2戦、少しでも多くの方が参戦できますように。

2015年3月17日 (火)

OFF練 a.m.

日曜日のことですが、突然に思い付き、スラムパーク瀬戸にOFF練しに行って来た。
本番車はブレーキのこともあるので、ナンバー付きの1号機を積んで。
午前中だけでしたが、黙々と走れました。改めて、 ダートは思い切りも必要ですが、
”考えること”も必要だと感じました。

当日はFMXのスクール(?)も開催されていましたが、あんな怖いこと、私には無理!

そろそろシーズン突入。怪我しない為にも練習は必要やね。
もちろん1つでも上の順位でチェッカー受けることも目標だけどね。

帰り際、偶然にTAKE100くんに会った。
今シーズンはエリア戦にチャレンジするらしい。是非、頑張ってほしい。

Img_5317

2015年3月16日 (月)

ブレンボ

そーいや、ブレンボのパーツってドコで入手できるんだろ?
言うてもバイクの部品だし、ピストンシールぐらいどこかで手に入るだろう。と調べてはみたものの
どうやらブレンボというメーカー、基本的にはリペアパーツを販売していないようだ。
「不具合が出たら丸ごと交換してね!」と言わんばかりなのか、貧乏人は相手にしてないのか。。。。。

さぁ、困ったぞ。。。。いや、待て、国産車でもブレンボキャリパー使ってるバイクがあるぞ。
過去の記憶ではヤマンボとかあるし。
などと独自の調査を進めた結果(ネットでカチカチしてただけ)、CB400SFにブレンボキャリパー(キャストだけど)を装着したモデルがあることが判明。

コイツのシールがレーシングキャリパーのシールと同じなら使える!更に独自の調査(カチカチ)を進めた結果、
どうやらピストンシールは共通だという可能性が高い。

というワケで注文してみました。

Img_5106

Img_5107

34mmを2セット、30mmを2セット。これでキャリパー1個分です。
1セットにピストンシールとダストシールが各1個。レーシングキャリパーはダストシールが無いので、無駄になってしまいますが。。。。
使わなかったダストシールはお友達にあげました。

そんなワケでシール交換して、やっと完成したとさ。

めでたし、めでたし。

«まだ終わらんよ。